×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 [薔薇] 芥川龍之介歌集より





  すがれたる薔薇(さうび)をまきておくるこそふさはしからむ恋の逮夜は


  香料をふりそゝぎたるふし床より恋の柩にしくものはなし


  にほひよき絹の小枕(クツサン)薔薇色の羽ねぶとんもてきづかれし墓


  夜あくれば行路の人となりぬべきわれらぞさはな泣きそ女よ


  其夜より娼婦の如くなまめける人となりしをいとふのみかは


  わが足に膏(あぶら)そゝがむ人もがなそを黒髪にぬぐふ子もがな(寺院にて三首)


  ほのぐらきわがたましひの黄昏をかすかにともる黄蝋もあり


  うなだれて白夜の市をあゆむ時聖金曜の鐘のなる時


  ほのかなる麝香(じやかう)の風のわれにふく紅燈集の中の国より


  かりそめの涙なれどもよりそひて泣けばぞ恋のごとくかなしき


  うす黄なる寝台の幕のものうくもゆらげるまゝに秋は来にけむ


  薔薇よさはにほひな出でそあかつきの薄らあかりに泣く女あり


  

  

詩心ごんどら文豪の詩