×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お月さまいくつ

北原白秋



(つき)さまいくつ。
十三(じふさん)(なな)つ。
まだ(とし)(わか)いな。
あの()()んで、
この()()んで、
だアれに()かしよ。
(まん)()かしよ。
(まん)何処(どこ)()た。
(あぶら)()ひに(ちや)()ひに。
油屋(あぶらや)(えん)で、
(こほり)()つて、
(あぶら)(しよう)こぼした。
その(あぶら)どうした。
太郎(たろう)どんの(いぬ)
次郎(じらう)どんの(いぬ)と、
みんな()めてしまつた。
その(いぬ)どうした。
太鼓(たいこ)()つて、
あつちの(はう)でもどんどんどん。
こつちの(はう)でもどんどんどん。(東京)


 この「お月さまいくつ」の(うた)は、みなさんがよく御存じです。私たちも子供の時は、よく(あか)(まる)いお月様を拝みに出ては、いつも手拍子をうつては歌つたものでした。この童謡は国国(くにぐに)色色(いろいろ)と歌ひくづされてゐます。(しか)し、みんなあの(あか)い円いつやつやしたお月様を、若い綺麗(きれい)小母(をば)さまだと思つてゐます。まつたくさう思へますものね。

(つき)さんぽつち。
あなたはいくつ。
十三(じふさん)(なな)つ。
そりやまだ(わか)いに。
紅鉄漿(べにかね)つけて、
嫁入(よめい)りなされ。(伊勢)
   
ののさまどつち。
いばらのかげで、
ねんねを()いて、
(はな)つんでござれ。(越後)
   
あとさんいくつ。
十三(じふさん)(ひと)つ。
まだ(とし)(わか)いの。
今度(こんど)(きやう)(のぼ)つて、
(わら)(はかま)()つて()しよ。(紀伊)
   
(つき)さんいくつ。
十三(じふさん)(なな)つ。
まだ(とし)(わか)い。
七折(ななをり)()せて、
おんどきよへのぼしよ。
おんどきよの(みち)で、
()のない(とり)と、
()のある(とり)と、
けいつちいや、あら、
きいようようと()いたとさ。(伊勢)
  「おんどきよへ」とは、「今度(こんど)(きやう)へ」といふのがなまつたのです。
   
(つき)さまいくつ。
十三(じふさん)(なな)つ。
そりやちと(わか)いに。
御堂(みだう)(みづ)を、
どうどと()もに。(美濃)
   
(つき)さま。お(とし)はいくつ。
十三(じふさん)(なな)つ。
(わか)いことや。
(うま)()つて、
ジヤンコジヤンコとおいで。(尾張)


 かういふ(ふう)に、「そりやまだ(わか)いに。」と、みんな歌つてゐるから面白いのです。京へ(のぼ)つたり、(べに)かねつけたり、お嫁入りしたり、赤ん坊を生んだりしてゐます。お馬のジヤンコジヤンコもおもしろいでせう。それにまた、「そりやまだ(わか)い。若船(わかぶね)()つて、(から)まで(わた)れ。」(紀伊)といふのもあります。それから少し変つてゐるのに、一寸(ちよつと)西洋(せいやう)の童謡見たやうなのがあります。それは珍らしいものです。

月様(つきさま)いくつ。
十三(じふさん)(なな)つ。
まだ(とし)(わか)いど。
月様(つきさま)(あと)へ、
()いちやつけ和尚(をしやう)が、
滑橋(すべりばし)をかけて、
月様(つきさま)(をが)むとて、
ずるずるすべつた。(下総)


 これは、空のけしきが其のままに歌はれてゐます。小さい和尚さんは白い星か(うす)い霧のやうな星の雲かでせう。滑橋(すべりばし)もさうした雲のながれでせう。天の川のやうな。ずるずる滑るところがをかしいではありませんか。
 それから、その綺麗(きれい)な若いお月様の小母さまに、みんながお(まんま)を見せびらかしたり、またいろんなものをせびつたりします。やはり子供の小母さまですから。

月様(つきさま)
観音堂(くわんのんだう)()りて、
(まんま)()がれ。
(まんま)はいやいや。
あんもなら三つくりよ。(信濃)
   
月様(つきさま)。お月様(つきさま)
(あか)(まんま)いやいや。
(しろ)(まんま)いやいや。
銭形(ぜにがた)金形(かねがた)ついた
(まも)りくんさんしよ。(岩代)
   
あとさん。なんまいだ。
ぜぜ一(もん)おくれ。
(あぶら)()つて(しん)じよ。(肥前)
   
どうでやさん。どうでやさん。
(あか)衣服(べべ)(くだ)んせ。
(しろ)衣服(べべ)(くだ)んせ。(陸中)


 そのお月様は、(あか)いのに桃色だと云つたとて、プリプリ怒つたのもあります。

月様(つきさま)桃色(ももいろ)
(だれ)()つた。
海女(あま)()うた。
海女(あま)(くち)ひきさけ。(尾張)


 それから、

大事(だいじ)なお(つき)さま、
(くも)めがかくす。
とても(かく)すなら、
金屏風(きんびやうぶ)でかくせ。(東京)


 といふのがありませう。ほんとに金屏風でなくては、あの若い小母さまには似合はないでせうね。いかにも昔のお江戸の子供が謡つたやうでせう。気象(きしやう)が大きくておほまかで、(はり)があつて、派出(はで)で。
(うさぎ)うさぎ」といふのも御存じでせうね。

(うさぎ)。うさぎ。
(なに)()()ねる。
十五夜(じふごや)(つき)さま
()()ねる。ピヨン/\。


 ほんとに、お月夜の兎のよろこびと云つたらありません。両耳を立てて、草の香の深い中から、ピヨン/\と跳ねて飛んで出る、あの白い綿のやうな兎さんもかはいいものです。それにしても、あのまアるいお月さまの中には、いつも兎が(きね)をもつて餅を()いてゐる筈でしたね。




底本:「日本の名随筆58 月」作品社
   1987(昭和62)年8月25日第1刷発行
底本の親本:「北原白秋全集 第一六巻」岩波書店
   1985(昭和60)年6月
入力:土屋隆
校正:門田裕志
2006年9月21日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
但し、背景色及び文字色は当サイトの管理人により変更されました。



詩心ごんどら